高血圧症治療にミカルディス

高血圧症の治療薬として近年注目なのがミカルディスという治療薬です。ミカルディスは生理的昇圧物質であるアンジオテンシンIIだけに働きかけ血圧を下げる作用のあるとても優れた治療薬です。

高血圧症治療にミカルディスが良いわけ

ミカルディスは高血圧治療に使われるアンジオテンシンII受容体拮抗薬で、第二世代のARBと呼ばれる降圧剤となります。
ミカルディスを服用することでAT1受容体結合して、血圧を上げる原因となるアンジオテンシンIIと呼ばれる物質を阻害することで血圧上昇を抑え、結果的に血管平滑筋が弛緩し、ナトリウム排泄が促されることで血圧が下がる結果となります。
他のARBと比べて、ミカルディスには排泄経路に特徴があり、腎臓を介さずに胆汁からほぼ100%の割合で成分を排泄します。
そのため血圧に関わる心不全などの心臓病ばかりでなく、糖尿病などの腎臓に負担をかけたくない症状にも有効と考えられています。
これまでのアンジオテンシンII受容体拮抗薬は血中濃度半減期が短く、投与のタイミングが非常にシビアなものとなっていましたが、ミカルディスでは投与後24時間と作用持続時間が非常に長くなっています。
そのため1日1回の投与で効果は持続し、高血圧症で脳心血管病が多発する早朝でも血圧を容易にコントロールできるとして利用されています。
さらにミカルディスの特徴として、核受容体転写因子である強いPPARγ活性化作用があり、他の降圧剤にはない臓器保護作用を持っています。
PPARγの活性化によって心臓、血管、腎臓などの保護とともに血糖を下げることで、脳卒中の予防、血管内皮障害の防止、糖尿病の予防と改善に期待ができます。
副作用も大きなものはなく、体のだるさやめまい、頭痛などありますが、徐々に慣れてくるため心配になるような症状ではないです。
また他の降圧剤でよくある空咳も出ないなどデメリットが非常に少ない薬で、患者への負担をかけずに治療ができます。

ミカルディスを通販の価格比較

つい最近、一緒に飲みに行ったばかりの人が、脳梗塞や心筋梗塞で突然亡くなってしまうことがあります。
自分と年齢がほとんど変わらない場合は、自分もそうなるかも知れないと思って怖くなってしまいますが、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞というのは、血圧が高い人に起こりやすいので、常に通常値であれば、そのようなリスクを減らせます。
高血圧は生活習慣病なので、喫煙や過度のアルコールを避け、肉、野菜、魚などをバランスよく食べるような食生活を送り、定期的に運動も行っていれば、そこまで悪くなることはないでしょう。
しかしなかなか生活習慣の改善がうまくいかず、血圧が下がらないとお悩みの方があれば、病院でミカルディスのような血圧降下剤を処方してもらうようにしてください。
ミカルディスは、血管内のアンジオテンシン受容体に作用し、アンジオテンシンIIという、血圧を上げる物質の血管収縮作用を抑えて、血圧を下げる効果があります。
定期的に服用することで、血圧の一定の状態に保てるので、高血圧が原因で起こる、さまざまな病気になりたくない方は利用するようにしましょう。
病院に行く時間がないという方は、個人輸入代行通販に注文すれば、ミカルディスを自宅まで送ってもらうことが可能です。
ミカルディス40mgの価格は個人輸入代行通販によって違いがありますが、安いところなら5000円程度で買えるので、診察費や検査費がかかる病院代よりも、費用を大幅に安く抑えることが出来ます。
サイトによって価格にかなりの差があるので、少しでもお得に入手したいなら、複数の価格比較することが大切です。
会員特別価格でミカルディスが安くなるサイトもあるので、登録後に注文するようにしてください。

ミカルディスの副作用と服用の注意事項

ミカルディスは高血圧症治療に用いられる薬です。
アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)と呼ばれる種類の薬剤です。
ARBには他にオルメテック、アジルバ、ディオバンといったものがあります。
ARBはアンジオテンシンIIが受容体に作用して、血圧を上げる方向に働くのを阻害します。
降圧作用はアダラート、ノルバスクなどのCa拮抗薬には劣っています。
しかしながら、心筋が肥大するのを防いだり、腎臓で輸入細動脈への血流量を確保したりして、心臓や腎臓の機能を保護する効果があるため、高血圧治療には積極的に使用されています。
ここからはそのミカルディスの副作用と服用上の注意事項について説明します。
まずミカルディスの副作用に関してですが、基本的には副作用は出にくい方の薬ではあります。
副作用の頻度が最も高いのはめまい、ふらつきといった低血圧症状です。特に用量コントロールの不十分な治療開始時には注意する必要があります。
また悪心、嘔吐、口内炎、食欲不振といった消化器症状が起こることがあります。
ミカルディスの服用によって高K血症が起こることがありますが、この初期症状として悪心、嘔吐などが現れることがあるので、消化器症状には注意する必要があります。
ミカルディス服用の注意事項に関してですが、前述の通り、めまい、ふらつきといった低血圧症状が現れることがあります。
この場合には車の運転や高所での作業など、危険な行動はなるべく控えるようにしましょう。
また妊娠中にはこのミカルディスは服用することができません。
なぜなら胎児に影響して、流産や死産、先天異常を引き起こす可能性があるからです。
さらに重度の肝機能障害の方はミカルディスの体内からの消失速度が遅くなり、血中濃度が異常に高くなるので注意が必要です。
■高血圧症は早めに対処!
ミカルディスで健康家族になろう
■腎臓の機能が弱っている方でも使用することができる高血圧治療薬
テルミサルタンの詳細